ハワイアンキルトやパッチワークなど、 色んな手作りを楽しんでいます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
2015年11月07日 (土) | 編集 |
夫のお弁当用のバッグが、少し古くなってきたので、
新しいのを作ることにしました。

もういつ買ったかすら忘れてしまった、バーバリー風の生地。
確か、2~300円くらいだったと思います。
お弁当用のバッグ

元々使っていたバッグが、お弁当箱と同じシリーズのものだったので、
ぴったりサイズでしたので、
それをそのまま、大きさを計って、ほぼ同じに作りました。


メンズ小物は、落ち着いた色合いのものも多いですが、
こういった少し明るい感じに見えるものも、たまにはいいですよね。

お弁当用のバッグですが、サブバッグ的な使い方で、
外に出して持つのではなく、通勤用のカバンの中に入れるので、
あまり、形がしっかりしていても、邪魔かなとか、
でも、くたくたすぎても使いにくいのかな~と思ったり。

結局、薄手の接着芯を貼りました。
バーバリー風の生地が、オックスのようなしっかりした生地なので、
あまりかさばらない感じになって、良かったです。

マチの部分を、別布にしたら、とても縫いにくくて後悔しました。
何とか縫えたという感じですが、両サイドの柄がつながっていないのも、
そんなに悪くないようにも思いました。

タグは、ASHIATOYAさんのもので、
内布は、私のボディバッグの時のものです。
2015年11月01日 (日) | 編集 |
先日完成した、ログキャビンの裏側です。
ログキャビンの裏側
40×50cmの大きさで作ったものを、4枚つなげて大きくしています。
ちょうど、真ん中のつなぎ合わせの部分です。

折りたたんでいたため、真ん中部分にシワがついているため、
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、
思ったより、目立たないな~と思いました。

真ん中のつなぎわせ部分は、縫い代が集まるので、
少し厚みが出てしまいますが、裏側なので気になりませんでした。

こんな感じのつなぎ方でいいのかどうか、わかりませんが、
4枚つなげたら、結構大きいサイズになりますし、
ログキャビンは、ピースが細かいので、本来なら時間がかかるところ、
プレスキルトのおかげで、早めに完成したのではないかと思っています。

あっ、のんびりペースの私の場合であって、
てきぱき縫える方は、ピーシングのログキャビンでも
もっと、早いかと思います。

フープを使わなくてもいいし、特別な道具も少ないのではないかと思います。

糸は、しっかり縫えた方がいいかと思って、キルティング糸をメインに使い、
他の糸も試してみたり。
針は、私の場合、長い針が縫いやすかったので、
しつけ用の長い針を、ずっと使っていました。
でも、しつけの針はちょっと弱いので、普通の長い針がいいのかな~。


最後の仕上として、ふちの始末に、ポンポンテープを使いました。
その裏側はこんな感じです。
ポンポンテープの裏側
多少曲がってしまいましたが、
ポンポンテープが、グラグラしたりすることなく、しっかり縫えました。

使っているうちに、ポンポンテープが、ほつれるというか、
まるい部分がほぐれるというか、ちょっとぼさぼさ気味です。
でも、このキルト、とっても暖かいんです(*^_^*)

とっても、優しい暖かさで、癒されます♪
大きいサイズで作って、布団代わり、
または布団にプラスして、使いたいです。

布をたくさん使っているのと、綿が入っているので、
軽いとは言い難いかもしれませんが、私は重宝しています。
また作りたいです♪
ブログパーツ