ハワイアンキルトやパッチワークなど、 色んな手作りを楽しんでいます。
ログキャビンに使ってる道具あれこれ
2009年10月05日 (月) | 編集 |
ログキャビン

プレスキルトで作っているログキャビン、頑張って縫っています。
縫うのがとても楽しいので、思ったより早く進んでいます。
便利な道具もあれこれと。

最初は少しでもキレイに出来るようにと、
縫うごとにアイロンをかけていました。
でも、ちょっと面倒だし、アイロンをつけっぱなしも気になり
今は、シームオープナーで縫ったところを押さえています。
これで随分楽になりました。

ログキャビンは、ブロックの中心から縫い始めるので、
最初のピースが小さいんですが、待ち針等を使わずに、
スティックのりを使って、キルト芯にくっつけています。
簡単に固定できるので、便利です。

ルレットは、ブロックの隣同士や上下をつなぐときの
たてまつりに、使っています。
定規をあてて、ルレットを使うと、
内側に折り込みやすくなるので、縫いやすいです。
シームオープナーも同様の使い方が出来ますよね。

この3点の道具を使い始めたら、とっても楽しくなりました。
まだ上手に縫えていないところもいっぱいありますが、
このペースで、楽しく縫えたらいいなと思います♪
追記
スティックのりで、真ん中の小さいピースをキルト芯にくっつけると
しつけをかけた時の糸も布にくっつく事があり、
外しにくいことがありました。
多少糸が残っても、布の内側なので、目立つことはないと思いますが、
気になる場合は、しつけをかけるときに、少し気をつけると良いと思います。

プレスキルトは、キルト芯と裏布の2枚でしつけをかけますよね。
のりでくっつく部分には、しつけ糸が表側のキルト芯の面ではなく、
裏布側に糸が出るよう針目を気にかけて縫うと大丈夫です。
関連記事
ブログパーツ