ハワイアンキルトやパッチワークなど、 色んな手作りを楽しんでいます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2007年10月24日 (水) | 編集 |
ソーイングボックスのフタ

風邪が治ったあと、ゆっくりチクチクしていたソーイングボックスのキット。この写真の部分は、ちょうどフタ部分になります。
バニティタイプなので、キルティング終了後には、丸い形にカットします。

いつもハワイアンキルトを作っていて思うのが、アップリケが終了した段階は、まだあんまりかわいくないなぁ~と言うこと。
私の腕が未熟だからですが、アップリケのあとって、
シワがよっていたり、ちょっと引きつれたように縫ってるとこがあったり・・・
アイロンをかけるとシワは伸びますが、なんとなくピシッとしない。

でも、キルト芯をはさんでしつけをかけ、落としキルト・アップリケ内のキルト、エコーキルトとキルティングが進むと
なんとなくシワが気になったところも、ちょっとぷっくりしてきてごまかせちゃうんです(笑)
花や植物など、平面的な感じより、ちょっとぷっくりと立体的になったほうがやっぱりかわいいですよね~。

まだフタのアップリケが終了したばっかりなので、道は長いですが、楽しみながら作れればいいなと思います。
そして、布を替えて、いくつか作ったりして腕が上達できたらいいなぁとも思います。
関連記事
ブログパーツ