ハワイアンキルトやパッチワークなど、 色んな手作りを楽しんでいます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローズクロシェットレイ
2007年11月19日 (月) | 編集 |
ローズクロシェットレイ
作りかけになっていたレイを久しぶりに引っ張り出してきました。
このレイは、リボンレイと言われる生花の変わりにリボンやフワフワの毛足の長い毛糸を使って作るレイです。
ハワイでもとても人気のあるクラフトなんだそうです。
生花のレイもとてもきれいだけど、いつまでも枯れることなく
ずっと飾っておけるリボンレイも素敵ですよね。

私の作っているのは、ローズクロシェットレイというもので
もう数年前アトリエリボンさんで買ったキットなんです。
毛糸とサテンリボンをかぎ針で編むレイで、
はじめは、リボンをかぎ針で編むのがちょっと難しく感じましたが
慣れてしまえば、結構平気です。
リボンもたっぷり使って作るので、たくさん編み進んだなぁと思っても
形を整えるために引き締めると、あまり進んでません(笑)
さっき、アトリエリボンさんの見本を見てきたら、
私のレイよりも、もっとお花がたわわに咲いてる感じ。
少しすき間も多く感じるので、もう少しキュッと引き締めないと。

当時は、英語の本しか売っていませんでしたが、
今では日本語の本も販売されており、毛糸やピコリボンなどなど
なかなか買えなかった材料もずいぶん手に入りやすくなったような気がします。

首にかける長さのレイだけでなく、短く小さく作って、
携帯のストラップにしたり
ミニリースにしたり、色んなアレンジがあって、
とってもかわいいです。
私も、もう少し勉強して上手に作れるようになったら、
小さめのものを作っておいて
ラッピングするときに、アクセントに使えたらいいなぁと思います。
ハワイアンキルトと一緒に飾るのもとても素敵なので
頑張って作って私も飾りたいです。
関連記事
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。