ハワイアンキルトやパッチワークなど、 色んな手作りを楽しんでいます。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
2015年05月07日 (木) | 編集 |
先日完成した、ミシンピーシングのログキャビン。
思ったよりも布が残ったので、少し別の布を足して、
プレスキルトでミニサイズキルトを作っていました。

ウッドボックスに敷く予定で、作っていました。
全体図
ウッドボックスのサイズはA4サイズが入る大きさで、
完成したキルトも同じようなサイズになるように作ったつもりでしたが、
一部短いところがあります。

1センチぐらいのすきまが出来てしまいました。
すきまが出来ました
許容範囲のような気もするのですが、後で気になるかな・・・

何かの電化製品とかに、ほこりよけでかけたいとか、
どこかに敷くとかの用途であれば、大丈夫そうですよね。
ボックスに敷くと、ぴったりサイズじゃないから、ずれるというか動くんです。

キルトは、10センチ角の正方形のブロックが並んでいますが、
このすきまに、横に縫う布を上下のどちらかに足したら、
ぴったりサイズになります。

正方形というバランスは崩れるけど、やってみようかなと思っています。
ここまで完成していて、キルト芯も裏布も余白分はカットしていますが、
プレスキルトは、小さいサイズを大きくつなげたり、
自由に作ったりできますよね。

キルト芯も裏布もバイアスの布も、全部多めに残っています。
どうせなら、使いやすい方がいいですよね。

このボックスは、縫い物するときにカット済みの布を入れたり、
はさみや定規や、ルレットなどの小物を入れてみようと思います。

キルトを敷くと、はさみを置いたりするときに、傷もつきにくいし、
カチャカチャ音が小さくなるので、使いやすいと思います。

頑張って、縫い直してみます。
関連記事
テーマ:パッチワーク
ジャンル:趣味・実用
ブログパーツ