ハワイアンキルトやパッチワークなど、 色んな手作りを楽しんでいます。
糸の色を替える時
2016年05月13日 (金) | 編集 |
今作ってるブランケットは、アイボリーとピンクで編んでいます。
4段1模様で、色を替えていますが、こんな風に糸を縦に渡しています。
糸の色を替える
もともと、パステルな色合いなので、画像でもちょっとわかりにくいですが、
全部編み終わった後、周りを細編みで編んでから、縁を編むので、
この渡した糸も、編みくるまれるから、これでいいのかな?

それとも、いちいち、糸を切るのかな?
でも、それだとちょっとめんどくさいし、糸も余分にかかるし、
でも、モチーフ編みの糸始末をした後だと、
そんなに面倒でもない気がしています(笑)

これは裏側からなので、表にすると、今のままでも目立たないので、
このまま編んでみます。
あまり糸を強くひかないように、つれないようにして、
最後まで、なんとかうまく編めればいいなと思っています。

このパステルオーガニックの糸、撚りが弱いので、
ふんわりしています。
気をつけないと、糸が割れてしまいますが、
このふっくら感がなかなか好きです♪

そして、綿のカスとよばれる、黒い点々は割とあります。
手で取れる時はとっていましたが、
あまり気にしないで編むようになりました。
編み終わった後、水通しをして、ある程度とれないかな?と思っています。

生地の場合も、オーガニックや無漂白の布など、粒々がありますよね。
それも味だと思うので、ナチュラル感があって、嫌いではないです。

優しい肌触りで、大切に丁寧に編みたいなと思っています。
関連記事

スポンサードリンク

ブログパーツ